新型iPhoneのカメラ機能・性能は?ダサいタピオカメラが凄い!?

新型iPhoneのカメラ機能・性能は?ダサいタピオカメラが凄い!? 生活

新型iPhoneのカメラの機能と性能

デザインがダサいと不評でタピオカメラと言われた新型iPhoneの背面カメラ。

その機能と性能を予想してみました。

アップル社が2019年9月10日にスペシャルイベントを開催する予定なのですが、そこでiPhoneの最新機種が発表されるのではないかと予測されています。

近年ではスマートフォンの目新しい進化は少なく、新しく発表される新型iPhoneの進化も従来機能の拡充や性能向上といったところに収まってくるのではないでしょうか。

特にカメラ機能は競合他社に差をつけられているところですので、一層の機能向上が急がれるところ。

新型iPhoneのカメラの性能や機能はどのように進化するのでしょうか?

スポンサーリンク

新型iPhoneのカメラ機能・性能

まずは新型iPhoneのカメラの機能と性能について紹介します。

最近ではHuawei(ファーウェイ)やOPPO(オッポ)、Xiaomi(シャオミ)などのアジアのスマートフォン競合メーカーではカメラレンズが3個ある「トリプルレンズカメラ」が採用されています。

新型iPhoneへも、同じように「トリプルレンズカメラの搭載」が噂されていて、カメラ機能の大幅なアップグレードが期待されています。

このトリプルレンズカメラが搭載されるのは現在のiPhoneXSとiPhoneXS Maxの後継機の2機種で、iPhoneXRの後継機にはカメラレンズが2個のデュアルカメラが搭載される可能性が高いようです。

このトリプルレンズカメラを搭載することによってiPhoneのカメラ機能がこのように向上することが期待されています。

  • 視界の全景色が取れる超広角カメラ搭載
  • 光量の少ない暗い場所での画質向上
  • 高い解像度に見合う細部の高い描写力
  • 最大3倍光学ズーム

トリプルレンズカメラはレンズの焦点距離が3種類用意されており、それぞれのレンズは『超広角カメラ』『広角カメラ』『望遠カメラ』となる予想で、カメラのズームレンジの拡張も期待されています。

新型iPhone3つのカメラ
・広角カメラ
・望遠カメラ
・超広角カメラ NEW!

従来のデュアルカメラに超広角レンズをプラスすることで、これまで撮影できなかったような写真も撮れるようになると考えられます。

さらに新型iPhoneのリアカメラはiPhone6s・iPhone6s Plusから1200万画素のイメージセンサーが採用されてきました。

イメージセンサーとは受け取った光を電気信号に変換する半導体で、この性能が画質を大きく左右します。

2019年発売の新型iPhoneでは1400万画素のイメージセンサーが採用されると見られており、大幅に高画素化される見込み。

そして「超広角レンズ」が搭載されることで、「スマートフレーム」という新機能が追加されると伝えられています。

スマートフレーム機能では、フレームの周囲の写真や動画を広く撮影しておくことで、撮影後に構図を変更やトリミングなどの加工が可能になります。

新型iPhoneのカメラ機能・性能

また変更したフレームより外側の画像情報は、プライバシーの保護のため、一定時間経過後に自動的に削除されるものとされています。

スポンサーリンク

新型iPhoneのカメラ機能・性能を画像で確認

では新型iPhoneに搭載されるカメラの機能と性能を画像を使って確認してみましょう。

これらのカメラの機能を知る前に画角というキーワードをおさえていきましょう。

画角とは
カメラで撮影した時に画像に収まる範囲を角度で表したもの。

簡単にいうと画像として写る範囲が広いと画角が大きく、範囲が狭いと画角が小さいということです。

では新型iPhoneに搭載されると思われる異なる3つのカメラについて比較していきます。

各カメラで写る範囲のイメージは次のサンプル画像の通り(※同じ場所から同じ風景を撮影しています)。

広角レンズ:レンズ焦点 約28mm
広角レンズのイメージ画像引用元:ASOBiing

広角レンズとは
通常よりも画角が広く焦点距離の短いレンズのこと。

つまり、広角レンズを使用すると画像として写る範囲が広くなるということですね。

カメラで撮影していて、実際に目に見えている範囲よりもiPhone画面に映っている範囲の方が狭いと感じたことはありませんか?

広角レンズではより広範囲を画面に収めることが出来るので、目に見えている風景により近い写真を撮ることが可能になります。

画角は75.4°

望遠レンズ:レンズ焦点 約50mm
望遠レンズのイメージ画像引用元:ASOBiing

望遠レンズとは
通常よりも画角が狭く焦点距離の長いレンズのこと。

画角から判断すると、画像に収められる範囲は狭いです(画角は46.8°)。

そして近くの物と遠くの物の大きさに差が出にくく、遠近感が少ない画像になります。

近くの被写体を浮き上がらせ背景をぼかすような写真が得意なので以下のような画像が撮れます。

新型iPhoneのカメラ機能・性能

左が望遠レンズなのですが通常時と比較すると、遠近感が少ないのがわかると思います。

そして手前の被写体がより強調されていますね。

超広角レンズ:レンズ焦点 約12mm
超広角レンズのイメージ画像引用元:ASOBiing

超広角レンズで写真を撮った時の写る範囲は実際に人が一目でみられる範囲に相当するほど非常に広いと言われています。

よく写真を撮るときに、カメラレンズを通してみると実際に見えているよりも狭い範囲しか写っていないことがありますが、超広角レンズだと実際に見えている景色に近い写真が撮れるということですね。

超広角カメラになることで画角が122°にまで広がるんです。これはかなり凄いことですよ!

新型iPhoneのカメラではトリプルカメラの一つに超広角カメラが搭載されることによって画角が広くなるため、より広範囲を1枚の画像に収めることができると言われています。

スポンサーリンク

新型iPhoneのデザインがダサい?

2019年秋に発表の新型iPhoneは背面がトリプルカメラになることが有力視されていますが、そのデザインがダサいと話題になりました。

ダサいと言われる1番の原因は背面のトリプルカメラなのですが「もののけ姫に出てくるこだまに似てる」とか「どう見てもボトムズじゃん」と言った声が多いですね。

また、目が3つ付いているようでダサいというより気持ち悪いという意見もあり発表前からトリプルカメラのデザインは不評です。

トリプルカメラが目立たないようにするために、新型iPhoneでは黒のカラーを選択するという人もいるようですね。

ダサいと言われる一方で「ダサいといいながら皆買うんでしょ」「初めはそう言ってもこれがデフォになる」と冷静に捉えている人もいます。

確かに見慣れないデザインに違和感を感じていても、見慣れるとそれが当たり前になりますからダサいと言われなくなるのも時間の問題ではないかと思われます。

トリプルカメラ搭載の新型iPhoneのデザイン、あなたはダサいと思いますか?

新型iPhoneがタピオカメラと言われている

新型iPhoneのカメラがダサいと言われていますが、2019年に日本ではやったタピオカに似ていることから「タピオカメラ」というあだ名が付けられています。

黒い丸が並んでいると確かにタピオカに見えます。

それに大きさもちょうどタピオカと同じくらいなのでタピオカメラっていうネーミングはなかないいですね。

「タピオカ」というワードはトレンド入りしていて、世間がいかに新型iPhoneの背面カメラに驚いたのかがわかりますね。

タピオカメラのせいで新型iPhoneを買わないという人もいるようです。

集合体が苦手な方には辛いデザインかもしれません。

タピオカブームのあとはタピオカメラ…。

スポンサーリンク

新型iPhoneのカメラ機能・性能が凄いがタピオカメラがダサいまとめ!

新型iPhoneのカメラの機能や性能、見た目がタピオカみたいでダサいと言われていることについてまとめました。

予想では競合他社と同じように、新型iPhoneにはトリプルレンズカメラが搭載されると見込まれています。

従来のデュアルカメラに超広角レンズが加わることで、カメラ機能がぐんとアップグレードするようです!

3つのカメラレンズの見た目が「タピオカ」に似ていると言われ「見た目がダサいから買わない」という声も上がっていました。

見た目も機能もどんなiPhoneになるのか、発表が待ち遠しいですね!

コメント

  1. 和哉 より:

    いつか慣れるのかもしれませんが、やはりダサいですしデザイン的にアイフォンらしくないのは確かでしょうね。
    もっとやりようはあっただろと思わずにはいられません。
    というか、自分はジョブズ信者でもアップル信者でもないですが、ジョブズが生きていたらこのデザインにはしなかったのではないでしょうか。