藤井貴信に錦織圭がテニスで全敗!現在と引退理由とは【消えた天才】

藤井貴信 錦織圭 消えた天才

テニスの錦織圭選手に3戦全勝の藤井貴信(ふじいたかのぶ)が「消えた天才」に登場!

錦織圭を負かした天才の現在と引退理由についてまとめました。

藤井貴信はプロに転身後から引退し現在に至るまでに一体なにがあったのか!

☆【消えた天才】たちの関連記事☆
関連:田中理恵が完敗!永井美津穂が美人すぎ!
関連:北島康介が置き去り!関慎介が謎の引退!
関連:幻のドラフト!志村亮がプロ拒絶の真相!

スポンサーリンク

藤井貴信と錦織圭の戦績

まず初めに消えた天才、藤井貴信さんと錦織圭選手の過去の戦績を見てみましょう。

錦織圭 藤井貴信

藤井貴信さんと錦織圭選手はジュニア時代に3度対戦していて、その試合では3試合全てで錦織圭選手が負けています

これだけ見ると錦織圭選手よりも藤井貴信さんの方がテニスの才能があったかのように思えますが、実は2人が対戦した2004年、15歳だった錦織圭選手に対して藤井貴信さんは17歳

錦織圭選手の方が2歳も年下だったのです。

成長過程のこの時期の2歳差は大きいですから、いくら3戦全勝と言っても比較が難しいですね。

藤井貴信さんが高校3年生の時はジュニアのカテゴリーでしたが、錦織圭選手が同じ年齢の時には既にプロに転向していました。

単純に藤井貴信さんとの試合の敗因は身体の成長の差と言えるでしょう。

それでも世界のテニスプレイヤー錦織圭に勝っただけでなく、負けたことがないというのは自慢ですよね!

実際に以前、素人としてテレビに出演した藤井貴信さんは「錦織圭に負けたことない」と自慢していたんですって。

今や世界で活躍する錦織圭選手に3戦全勝ですからね、誰だって人に話したくなります。

藤井貴信のテニス【消えた天才】

藤井貴信さんは身体能力が高く、力も強かったため同年代の他の選手の中では頭がひとつ抜けたテニスプレイヤーでした。

ボールは非常に力強く、スマッシュの音が明らかに藤井貴信さんだけ違っていたそうです。

藤井貴信 テニス 消えた天才

そんな規格外のテニスを繰り広げていた藤井貴信さんと錦織圭選手にはある共通点が。

消えた天才、藤井貴信と今を輝くスタープレイヤー錦織圭の出会いから見ていきましょう。

スポンサーリンク

藤井貴信と錦織圭の出会い

藤井貴信さんと錦織圭さんのテニスに関する共通点とは、松岡修造さんによる「修造チャレンジ」でした。

錦織圭 テニス

修造チャレンジというのは松岡修造さんが日本テニス界の未来を担う子供達を育成する企画で、小学校5年生〜高校3年生までの全国大会上位入賞者のみに参加資格が与えられる超エリートレッスン

そこに参加していたのが藤井貴信さんと錦織圭選手。

2人は同じ時期に松岡修造さんからテニスを教わり、技術やメンタルを磨いていたのです。

このとき錦織圭選手は小学6年生、藤井貴信さんが中学2年生でした。

テニス選手としての藤井貴信

藤井貴信さんのテニスは間違いなく日本国内のジュニアの中ではナンバーワンと言われていました。

しかし、テニス以前に生活態度や素行に問題を抱えていたようで、修造チャレンジの合宿でも指導されています。

さらにメンタル面も弱点の一つで、イラつきやすい性格から一度集中が切れると試合に戻れなくなる弱さがありました

藤井貴信 テニス

当時のテニス全日本選手権大会の試合を見ていた人がこんなことを言っています。

コロシアムで藤井貴信君が負けそうなので見学に。確かにボールは強いしスマッシュも音が違うけれど丁度ラインジャッジでクレームつけている態度や余りにイージーなミスを見せられて少々ガッカリ。当面は応援しないでしょうし、応援したくなる選手に育って欲しいものです。

調子に乗ったら手が付けられない選手ですが、一度ペースを崩してしまえば勝ててしまう。

当時の藤井貴信さんのテニスはそんな印象。

天才であったが故に、謙虚さや泥臭さが無くなり、それがテニスに出てしまったのですね

天才を祭り上げてしまう周りにも責任がありますが、もったいないですね。

しかし、松岡修造さんの元で指導を受けたおかげもあり、それまでは追うのを諦めていた厳しいボールにも食らいつき、生活面でも改善が見られたそうです。

また、錦織圭選手に勝った「全日本ジュニアテニス選手権大会(2004)」でU-18の注目選手として藤井貴信さんを挙げた佐藤政廣さんは以下のようにコメントしています。

シングルハンドのバックハンドストロークも上手い。ボールに見放されない、ボールに寄り添う資質は稀有のものだと思う。注文をつけるならそろそろ精神面の充実に期待したい。

メンタルにはまだ問題があったものの、当時の日本ジュニアではトップとなる世界ランキング103位となり将来を期待されるテニスプレイヤーとなりました。

スポンサーリンク

藤井貴信の引退理由【消えた天才】

藤井貴信さんは早くに現役を引退し「消えた天才」と言われていますが、その引退理由を紹介しましょう。

錦織圭選手にジュニアで全勝しテニスの神様に愛された藤井貴信さんは、プロ転身し2005年にプロデビューを果たしました(当時18歳)。

その大会がイザワクリスマスオープン(2005)だったのですが、残念ながら藤井貴信さんは初戦敗退

しかし、プロとしての一歩を踏み出し周囲も大いに期待。

この時、藤井貴信さんが所属していたのがロイヤルヒル81テニスクラブで指導していたヘッドコーチが河原努さんです

藤井貴信 川原努 引退

河原努コーチは鬼コーチで有名で選手に才能があると感じたらそれだけ厳しい練習を課すひと昔前のスポ根漫画のような方。

藤井貴信さんというダイヤの原石を前に期待とプレッシャーがあったのでしょう、「何としてでも世界で通用するテニスプレイヤーにする」と意気込んでいました。

有名な熱血指導は暑さを増し、藤井貴信さんは連日ハードワークに苦しんだという噂もあります。

選手も結果を求められますが、選手を育てるコーチの責任感や重圧も相当なものだったのでしょう。

日々の練習で藤井貴信さんは肩を故障ししばらくは通常通りの練習ができず、やっと復帰したと思えば次は足首の怪我に泣かされます。

その後、思った通りに調子が上がらずに引退を決意したのでした。

勝てない自分に対してライバルの錦織圭選手が結果を出す。その焦りもあってハードワークをして怪我を繰り返す。

当時20歳、引退にはあまりにも若い年齢でした。

プロとして結果を出してからの怪我なら成功するイメージが湧くかもしれませんが、プロで勝てずに怪我をして調子を落としてしまい、完全に自身も失いました。

尾崎里紗 川原努 テニス

引退理由は河原努コーチで藤井貴信さんは壊されたと言う人もいますが、彼のトレーニング法で女子テニスの尾崎里紗選手は成功しています。

成功には選手とコーチの相性も非常に大切。

藤井貴信さんの引退は本当に日本テニス界にとっての痛手でした。

スポンサーリンク

藤井貴信の現在

現役を引退した藤井貴信さんですが、現在は結婚してお子さんもいます。

藤井貴信 結婚 嫁 妻

引退してからは大阪学院大学に進学し、テニス部に所属。

プロテニスプレイヤーとしては引退しましたが、テニスは生涯現役のようですね。

現在もアマチュアとして大会にエントリーし、テニスを楽しんでいます。

JTA Beach Tennis Tour 2018阪神オープンビーチテニス大会で藤井貴信選手は藤木祐一選手とダブルスで出場し2回戦敗退

2009年まではトーナメントにも出ていたみたいですよ。

 

大学を卒業後は、明貨トラックに勤務してショベルカーを操作したりトラックの運行管理の仕事をしています。

藤井貴信さんの現在について知った松岡修造は以下のようにコメントしています。

地道に働いている姿が輝いているように見える。チャレンジする道を見つけて自分自身のチャンピオンになれるかどうかが大切。

次ページ:藤井貴信の嫁がMayJ.似の超絶美女だった↓

コメント