志村亮の現在は三井不動産で息子も野球選手?【消えた天才】巨人も拒否!

志村亮 現在 三井不動産 消えた天才 消えた天才

9球団からの誘いをお断りした幻のドラフト1位、志村亮(しむらりょう)の現在!

プロ球団すべてを断り三井不動産に就職した理由や巨人との密約の噂とは!

古田敦也が認め長嶋一茂が打てなかった天才。

プロ野球界が唇を噛み惜しんだ志村亮さんの経歴とともに、結婚や息子についても調べました。

高校時代の動画も下に用意しています!

※テレビ番組【消えた天才】では8球団からの誘いを断ったとされていますが、正確には9球団です。

☆【消えた天才】たちの関連記事☆
関連:石井章夫の苦渋の選択【古田敦也が完敗】
関連:田中理恵が完敗!永井美津穂が美人すぎ!
関連:北島康介が置き去り!関慎介が謎の引退!
関連【衝撃】錦織圭が全敗!藤井貴信の引退理由

スポンサーリンク

志村亮の高校時代の成績

まずはじめに消えた天才、志村亮(しむらりょう)さんについて簡単に紹介します。

志村亮 現在 野球

DETA
名前:志村亮(しむらりょう)
生年月日:1966年8月3日
出身:神奈川県平塚市
身長:178㎝
ポジション:ピッチャー
投球・打席:左投げ・左打ち

志村亮さんは桐蔭学園高校に入学し2年生の時に、甲子園選抜大会に控えピッチャーとして出場しました。

その時、桐蔭学園高校は報徳学園相手に1-4で敗れ一回戦で敗退。

迎えた高校生活最後の夏。

3年生になりエースを任された志村亮さんは、神奈川県大会の決勝で向上高校との対戦で延長14回までもつれこむ大熱戦を繰り広げます。

その試合、志村亮さんは最後のアウトを一塁への牽制球でもぎ取り試合を締めました

志村亮といえば牽制球“とも言われるほど、牽制球は志村亮さんをイメージづけるプレーとなります。

夏の甲子園に駒を進めた桐蔭学園高校は初戦、2回戦と危なげなく勝ち進みましたが、3回戦目で激突した鹿児島商工との対戦を0-2で落とし夏の舞台から姿を消しました。

しかし、甲子園で見るものに与えたインパクトは絶大で、世間の注目を集めるピッチャーとなりました。

志村亮の大学時代の成績

桐蔭学園高校を卒業した志村亮さんは甲子園での活躍もあり慶應義塾大学に入学し、野球部へ所属しました。

志村亮 大学時代 成績

1年生から先発した志村亮さんは、春の開幕戦(立命館大学)で完封初勝利を記録(新人投手では56年ぶりの快挙)。

その年、秋のリーグ戦では1年生の志村亮さんが慶応大学を26季ぶりの優勝に導いています

2年生の頃はチーム状況もありなかなか成績が上がらずに終わってしまいましたが、3年になり慶応大学・志村亮さんともに復活!

春のリーグを7戦全勝で優勝しベストナインにも選ばれました。

さらに全日本大会でも優勝し慶応大学の大躍進の立役者となった志村亮さん。当然プロ注目の投手となりました。

大学生活最後の4年の時、志村亮さんが打ち立てた記録が以下の通りです。

5試合連続完封勝利(58年ぶりの記録更新)
53イニング連続無失点(24年ぶりの記録更新)
通算31勝17敗(4年間通算成績)
防御率 1.82/295奪三振(4年間通算成績)

この記録は野球をあまり知らない人でも「すごい!」と言ってしまうのではないでしょうか。

そして、大学卒業を目前に志村亮さんの今後に注目が集中します。

スポンサーリンク

志村亮は幻のドラフト1位

大学を卒業した後はプロ野球界で活躍すると思われた志村亮さんでしたが、残念ながらプロ野球選手としての彼を見る日は来ませんでした

志村亮 現在 野球

慶応大学での圧倒的な成績を認められた志村亮さんの元には日本プロ野球の9団体からのお誘いの話がきていました。

日本中が志村亮さんがどの球団に入るのか注目したのですが、なんと志村亮さんはプロに行かないと言い出したのです。

プロには行かないので指名しないでほしい

プロ野球選手になる気持ちがないので、ドラフトで指名されても困ると言うのです。

志村亮 現在 ドラフト

この年のドラフト(昭和63年)で確実に「ドラフト1位」と言われていた志村亮さんの発言に皆が驚きました。

しかし、球団も黙っているわけにはいきません。

どうにか志村亮さんを獲得したいと考え、直接監督が接触する球団もあったようですね。

しかし当の志村亮さんは周りの関係者が説得しても気持ちが変わらず「もし1億円もらえたら?」という質問に対しても冷静に「プロへ行かないと言う気持ちに変わりはありません」と答えています。

しかし、そのころ少し変な噂が浮上し始めました。

志村亮が巨人と密約?

その噂というのが志村亮さんが巨人への入団を密約しているというもの。

志村亮 現在 消えた天才

その頃の巨人は藤田元司さんが監督を務めていたのですが、藤田元司さんが慶應義塾大学出身で志村亮さんの遠い先輩にあたることから、プロ入りしないと言いつつも裏で密約が結ばれていると考えられたのです。

監督が出身校のOBというだけでこのような噂になってしまうのですから、当時の志村亮さんの注目度の高さが分かります。

スポンサーリンク

志村亮が消えた天才になった理由

そして気になるのが志村亮さんがなぜプロ入りせず「消えた天才」の道を歩んだのか

志村亮さんは初めからプロ野球選手にならないと決めていたわけではありませんでした。

小学生の頃の将来の夢はプロ野球選手でしたし、中学校に上がってからもその夢は変わりませんでした。

しかし、高校生くらいからプロ野球選手とはどのような物なのかを考える機会が増え、徐々にプロ野球選手になりたいと口にしなくなりました

プロは甘くない!

プロ野球選手としてやっていくとはどういうことかを客観的に考え、大学4年生の春にプロ入りしないことを決断しました。

志村亮 現在 三井不動産

「通用するかはわからないけど、自分の力を試した」という気持ちで入るところではないと思っていました。プロ野球は体を壊したり、実力が足りないと判断されたらすぐに戦力外通告を受けますから。そのときの自分には、「それでもいい、一生を捧げるつもりで入るか」という考えはありませんでした。

どうしてもプロ野球選手になりたいという”憧れ”や”情熱”よりも、生きていくことを冷静に考えていたのですね。

「もしプロでダメだったら就職しよう」など通用しなかった時のことを考えるような”半端な覚悟”で足を踏み入れる世界ではないと言うのが志村亮さんの考え。

 

当時を回想した志村亮さんは次のように語っています。

ドラフトで上位指名される選手は、アマチュアでそれなりの成績を残した人か、結果は出ていなくても潜在的な可能性を認められた人。もちろん、プロにヘタな選手なんてひとりもいません。そのなかで活躍するためには、入団してからも心技体のすべてをレベルアップさせる必要がある。プロになったことに満足して、努力を怠って、アマチュア時代よりも力を落とす選手も見ています。プロ野球は、『スター選手になる!』くらいの自信と覚悟がない人間は入ってはいけない世界だと思っていました。

プロ入りしないことを決めた志村亮さんは大学最後の試合後にキャッチボールをしませんでした。

その左腕を今後使うことはないと心に決めていたからです。

これまでの野球人生を全力で戦い、大学では通算31勝という記録を作った志村亮さんは思い残すことなくユニフォームを脱いだそうです。

そして志村亮さんは”消えた天才“と言われるようになりました。

スポンサーリンク

志村亮の現在は三井不動産

そんな志村亮さんは現在、「三井不動産リアルティ株式会社」のソリューション事業本部の部長として勤務しています。

志村亮 現在 三井不動産

三井不動産に勤めて30年以上。

そう、志村亮さんが大学卒業後に就職した先が三井不動産で、それからずっと同じ三井不動産で働いていたのです。

なぜ三井不動産を選んだのか。それは志村亮さんが不動産の仕事が好きで、三井不動産という会社が好きだったから。

好きなものは続けられるし、頑張れるから実力も付いてくる。

子供の頃から野球に全力で取り組み結果を出してきた志村亮さんだからこそ確信を持つことができたと思います。

さらに、三井不動産には硬式野球部が存在しなかったため「野球の志村亮」ではなく1人の社会人として勝負したかったのも三井不動産を選んだ理由のようです。

三井不動産に勤めて最初の8年間はビルディング事業、その後は分譲住宅の用地買収を担当し公共事業や都市開発に関わってきました。

もともと都市開発に興味があったそうですよ。

現在の仕事をしていてプロ野球選手への未練を感じたことはなく、充実した日々を過ごしているようです。

スポンサーリンク

志村亮の息子は野球選手?

志村亮さんは結婚して息子がいます。

志村亮さんの息子も野球をしているのですが、やはり親が志村亮さんだと期待してしまいます。

息子が少年野球チームにいたときには志村亮さんがコーチを務めていたそうで、志村亮さんのDNAを色濃く受け継いだ野球選手になっていると思います。

ただし志村亮さんの息子についての詳しい情報はなく、現在は高校生か大学生ということしか分かりません。

甲子園や大学野球で活躍していれば「志村亮の息子」として騒がれているはずですが、話は聞きません。

【消えた天才】志村亮のプレー動画

せっかくなので消えた天才、志村亮さんの当時のプレー動画を見ていただきましょう。

「牽制球の志村亮」と言われるのが分かる素晴らしいプレーですね。

正直、志村亮さんがプロになっていたら活躍していたと思いますが、社会人として現在も活躍しているという事実があります。

プロに進まないという選択をするのも、物事を見極める才能なのかもしれません。

志村亮さんは【消えた天才】ではなく、自分の意思をしっかりと持ち行動できる素晴らしい会社員と言えるのではないでしょうか。

☆【消えた天才】たちの関連記事☆
関連:石井章夫の苦渋の選択【古田敦也が完敗】

関連:田中理恵が完敗!永井美津穂が美人すぎ!
関連:北島康介が置き去り!関慎介が謎の引退!
関連【衝撃】錦織圭が全敗!藤井貴信の引退理由

コメント