パン君の凶暴化の事件と末路!死んだ説や引退の理由は?

芸能

こんにちは^^

 

志村どうぶつ園で大活躍していた
天才チンパンジーのパンくん
ある事件をきっかけに、
テレビへ出演することが
めっきり少なくなりました。

 

今回は、天才チンパンジーパンくん
凶暴化の事件死んだ説
引退の理由についてまとめていきます!

スポンサーリンク

パンくんの凶暴化の事件と末路、引退理由!

パンくんは2012年9月6日、
動物園のショーが終わった直後、
10メートル離れた場所にいた
女性研修生の足首や腰、
額に噛みつくという事件を
起こしてしまいました。

 

怪我を負った女性スタッフは、
ドクターヘリで緊急搬送。
全治2週間という大怪我を
負わせてしまいました。

 

これはパンくんだけに
限ったことではなく、
チンパンジーは5歳を過ぎたあたりから
凶暴化するという研究結果が
報告されているようです。

 

2001年10月1日生まれの
パンくんは、事件当時10歳
十分に注意をしていたとしても
人間に危害を加えることがないとは
言い切れない状態だったんですね。
よくそれまで事件が起きなかった
といってもいいくらい
だったのかもしれません。

 

日本でのチンパンジーのイメージは
パンくんのように芸を披露したり、
賢くおとなしい動物というイメージが
浸透していると思いますが、
海外でのチンパンジーのイメージは
日本とは全く違うものでした!

 

アフリカではチンパンジーは
肉食の猛獣』という括り。
正直ビックリですが実際、
別の群れのチンパンジーを襲ったり、
人間の子供がさらわれたり…
という被害も報告されています。

 

ペットのチンパンジーに噛み付かれて
元の顔がわからないほどに
なってしまった方もいるのだとか。

 

チンパンジーというとパンくんの
可愛らしいイメージが強いので、
信じられないですが、
本当にあったことなんだそうです。

 

パンくんの起こした事件は、
『危険な動物である』ということを
忘れさせてしまうような、
チンパンジーを過度に
擬人化するようなテレビの演出等にも
問題があったのでしょう。

 

パンくんは人間の思い通りに動く
ロボットなどではなく、
野生の本能を持った動物ですから、
パンくんもある意味では
被害者なのかもしれません。

スポンサーリンク

パンくんの引退理由!

結果的にパンくんが起こした
女性スタッフ襲撃事件によって
残念ながらパンくんの引退
決まってしまいました。

 

パンくんの年齢や安全面を考えると
仕方のないことだったのですね。

 

現在はパンくんの娘のプリンちゃんが
パンくんの後を継ぐ形で、
志村どうぶつ園に度々出演しています!
パンくんのようにならないように、
テレビ側や動物園側の配慮が
しっかりとされることを祈ります。

パンくんの凶暴化事件!志村けんは?

パンくんの起こした事件について、
志村どうぶつ園でパンくんと
仲睦まじい様子を披露してきた
志村園長こと志村けんさんは、
2012年9月11日にブログを更新して、

『しばらくパンくん見れなくなるかも。』
『パンくんは私たちにとってはとてもいい子。』
『テレビで放送しなくてもパンくんに会いに行く。』
『怪我をした女性スタッフのお見舞いにもいきたい。』
とパンくんへの思いを語っていました。
可愛がっていたパンくんが人を襲った
ということに相当驚いたことでしょう。
志村けんさんはパンくんや
プリンちゃんに会いに
度々熊本を訪れているようです。

パンくんの死んだ説の理由は?

パンくんの現在と調べると、
『死んだ』とか『亡くなった』
というキーワードが出てきます。

 

パンくんは現在も元気なのに、
どうしてこんなキーワードが
出てくるのでしょうか。

 

調べてみると、パンくんと一緒に
お使いやお散歩をして、
お茶の間に笑いを届けていた相棒
犬の『ジェームズ』が
2016年3月7日に13歳で
亡くなっていました。

 

パンくんと大の仲良しだった
ジェームズはきっと今も、
天国からパンくんを
見守ってくれていることでしょう。

スポンサーリンク

パン君の凶暴化の事件!死んだ説・引退の理由まとめ!

今回は大人気だった、
天才チンパンジーのパンくんが
起こしてしまった事件について
調べてまとめてみました。

 

チンパンジーは5歳を過ぎると
徐々に凶暴化する動物であり、
女性スタッフ襲撃事件を起こした時、
パンくんは既に10歳を超えていました。

 

賢い動物とはいえ
野生の本能を持っていますので、
動物園側、テレビ側が適切に
動物を扱うことで、
同じような事件が今後は
起きないようにしてほしいですね。

コメント