ほん怖2019のラーメン屋の場所はどこ?岩手県の実話【肩の女】

ほん怖2019のラーメン屋の場所はどこ?岩手県の実話【肩の女】 ほん怖

ほん怖2019のラーメン屋の場所はどこ?

佐々木蔵之介さんが演じたほん怖【肩の女】の元ネタとなる実話の詳細を調査。

バイトの佐野勇斗さんに取り付いていた理由は何なのか。

岩手県に実在したラーメン屋と女の幽霊の正体を明らかにしていきたいと思います。

この記事は【肩の女】の実話を掘り下げて考察たものです。

スポンサーリンク

ほん怖2019【肩の女:ラーメン屋】解説

まずはほん怖で放送された【肩の女】の内容を簡単に確認していきましょう。

ほん怖【肩の女】ラーメン屋の話
ほん怖【肩の女】ラーメン屋は実話だった?

岩手県某所にあるラーメン屋の店主(演:佐々木蔵之介)は脱サラして夢だったお店をオープン。

そこには一人のバイト(演:佐野勇斗)がいて、明るく前向きな性格の青年だ。

ラーメンの味は悪くないし、お店の場所も良いはず。なのになぜかラーメン屋は全く人が来ない。

店主はなぜラーメン屋に客が来ないのか何となくわかっていた。

それはバイトの肩に上半身だけの女の霊が取り憑いていたからだ。さらに店内にその女の下半身が立っていた。

店主は思い切ってバイトの肩に塩を投げつける。すると肩に取り憑いていた女は消え、さらに下半身の女にも塩をかけると下半身も消えた。

しかし、その女の霊は消えたのではなく店主に乗り替えただけだった。

深夜寝ている時に目の前に現れる女の上半身と下半身。上半身はなぜか濡れていて、下半身も歩くと「グチョ、グチョ…」と濡れた音がする。

店主は自分の肩に塩をかけどうにか女の霊を取り払うも、霊は再びバイトの肩についた。

このラーメン屋の話を見た下ヨシ子さんはこう解説しています。

・池とか沼地に見えた
・事故の衝撃で上半身と下半身が分かれた

以上のことからラーメン屋の実際の場所や、女の幽霊の正体を特定していきます。

ほん怖:ラーメン屋の女は実話?

まずはこのほん怖の話が完全な作り話なのか、実話なのかを考えていきます。

結論から言うとこのラーメン屋の話は実話である可能性が非常に高いでしょう。

この女の霊の正体が実話であることを証明してくれるのですが、ほん怖の舞台となった岩手県にはこんな話がありました。

岩手県盛岡市には四十四田ダムという心霊スポットと呼ばれるダムがあります。

ほん怖2019の心霊スポット【肩の女】

この場所は観光名所としてPRしていたのですが、地元の人からは気味悪がられていました。

ある真夜中のこと、2人の女子高生がダムに身を投げたのです。50mも上から落ちたのですから無事でいられるはずもなく、一人は命を落としてしまいました。

ラーメン屋に出た霊の正体はこのダムで亡くなった女子高生の霊なのではないかと考えられます。

番組では詳しく説明がありませんでしたが、実は上半身と下半身の女性は高校の制服を着ています

ほん怖:ラーメン屋の女は実話?

さらにこの女子高生と思われる霊は濡れています

ほん怖2019ラーメン屋の話【肩の女】

このことから岩手県盛岡市の四十四田ダムに身投げした女子高生が、ほん怖2019【肩の女】でラーメン屋を困らせた幽霊であると考えられるのです。

下ヨシ子さんが「池や沼」と言っていたのは、このダムのことでしょう。

さらに、衝撃で上半身と下半身が分かれたというのは、ダムから落ちた衝撃と考えられます。

SNS上では佐々木蔵之介さんと佐野勇斗さんの軽快なやりとりに「笑った」「面白じゃん」という声も出ていましたが、笑えない実話だったのです。

スポンサーリンク

ほん怖:ラーメン屋の場所はどこ?

ほん怖2019で放送された【肩の女】が実話でることが分かったところで、いよいよラーメン屋の場所の特定に入っていきます。

ほん怖の話のモデルとなったラーメン屋は岩手県盛岡市の「ラーメン王」ではないかと推測します。

ほん怖のラーメン屋の場所はどこ?

実はこのラーメン屋はすでに閉店しているのですが、地元民からは「美味しいけど活気がない」と言われていました。

このラーメン屋は四十四田ダムからも近い場所にあり、この辺りでは最も可能性が高いです。

四十四田ダムからラーメン屋の間には北山トンネルがあり、霊が通りやすくなっていたのでしょう。

さらにこのラーメン王には若いバイトの男性がいて、その男性は一人だけ元気で明るく一生懸命仕事に励んでいたそうです(食べログの口コミより)。

それにしても、なぜ霊はバイトの男性に取り憑いたのか。

実はこの四十四田ダムの事件には目撃者がいて、それが女子高生と同じ高校の男子生徒だったそうです。

憶測になりますが、バイトの男性というのはこの男子生徒のことなのではないでしょうか。

男子生徒はダムに落ちる2人を目撃し通報。しかし結果として1人は助かりもう一人は亡くなった。

一緒にこの世へ別れを告げるはずだったのに、通報されために友人が助かって一人ぼっちになってしまった。

このことを恨んだ女は代わりに男子生徒をあの世へ連れて行こうと取り憑いた。

あくまでこれは憶測ですが…

ちなみにラーメン王の名前には北山店とありますが、このお店以外に店舗はないようです。

ラーメン王 北山店(2018年4月30日閉店)
岩手県盛岡市北山2丁目3-1


ラーメン王では心霊現象に関する噂はありませんでしたが、もしかすると店主だけの秘密だったのかもしれません。

美味しいのに活気がないラーメン屋。バイトの男性は今どこで何をしているのか。

無事霊を払うことはできたのか。

今となっては知る由もありません。

スポンサーリンク

ほん怖【肩の女】ラーメン屋の場所まとめ

ほん怖2019の話題作【肩の女】の元ネタとなったラーメン屋の場所は岩手県盛岡市にあった「ラーメン王」であると推測しました。

四十四田ダムから近く、北山トンネルからも近いのでかなり可能性が高いと思います。

四十四田ダムの場所:岩手県盛岡市

また、この女性の霊の正体もほぼ確実だと思われます。

現在その霊がどうなっているのか分かりませんが、興味本位でこの場所に近づくのは危険ですのでやめたほうがいいでしょう。

コメント