女性芸能人

田中みな実の目が変わった!顔が違う理由は二重整形?昔と画像比較!

田中みな実の目が変わった!顔が違う理由は二重整形?昔と画像比較!

最近、田中みな実さんの目が以前よりも大きくなってさらに可愛くなったと話題になっています。

目が大きくなった理由は二重整形やアイプチではないかという疑惑まで浮上しているようです。

田中みな実さんの整形疑惑を昔の画像と比較して検証してみました。

スポンサーリンク


田中みな実の目が変わった!

田中みな実さんの目が変わったと言われるようになったのは2019年4月頃からで、大きく話題になり始めたのは2019年6月頃からだったようです。2019年の田中みな実確かに局アナ時代よりも二重幅が以前よりも広くなって目がぱっちりと大きくなっている印象です。

Twitterではこの通り「田中みな実の二重整形説」が、まことしやかに噂されるようになりました。

田中みな実の目の変化を昔の画像と比較

田中みな実さんの目が変わった理由が本当に整形なのか早速、昔の画像と比較してみましょう。

こちらはTBSのアナウンサーとして活躍していた25歳当時、ちょうどオリエンタルラジオの藤森慎吾さんとの熱愛が取り沙汰されていた頃の画像です。25歳頃の田中みな実目が小さいという印象は受けませんが「ぱっちり二重」と言うよりも「奥二重」という感じですね。

フリーになった27歳当時も特に目に変化はなさそうです。27歳頃の田中みな実フリー転身から約2年後、29歳の時もあまり変わっていません。29歳の時の田中みな実田中みな実さんの目が変わったと言われるようになったのはフリーになってから約4年後の2018年頃からでした。2018年頃の田中みな実この頃から目が以前よりもパッチリしていると言われていたようです。

それにしても昔と比べるとかなり痩せてほっそりとしています。

さらに2019年になると両眼の二重幅が以前よりも広く、二重の線もくっきりとしているように見えます。2019年の田中みな実昔の画像と比較してみると、やはり田中みな実さんの目は二重幅が広く、大きくなっているのは事実のようです。

では田中みな実さんの目が変わった理由は本当に整形手術なのでしょうか。

田中みな実の顔が昔と違う理由は二重整形?

田中みな実の顔が昔と違う理由は二重整形?二重整形であれば手術後のダウンタイム中は傷跡が目立ったり、腫れたりするので仕事に影響するはずです。

しかし田中みな実さんは複数のレギュラー番組をもち、美容の知識も高いのでフリー転身前からテレビに雑誌に引っ張りだこ。

もともと奥二重で、右目に比べて左目の方が少し小さいのが特徴だった田中みな実さん。

アイプチやアイテープなどを利用して左右の目の大きさを調節している可能性が高いと思われます。

こちらの目元をクローズアップした画像を見てみると目頭のあたりの二重幅の線が何重にもなっています。田中みな実の目:二重の線が何重にもなっている田中みな実の目:二重の線が何重にもなっているアイテープであれば、あまり目立たずメイクを邪魔することも少ないのが特徴です。

また、田中みな実さんは30代になってからパーソナルジムに通い始めたそうで、代謝が良くなったり体が引き締まったことで、全身のむくみが改善され以前よりもすっきりとした印象が強くなっている可能性も考えられます。

整形はしていないときっぱり否定

田中みな実は整形はしていないときっぱり否定していた2019年1月放送の『ナカイの窓』で整形手術を疑われた田中みな実さんは「私、一切やってないです。」「生まれつきなんです。」と疑惑を一蹴していました。

また、田中みな実さんがインスタにアップしたこちらの画像は2019年に発売した写真集の撮影でバルセロナに行っていた時のオフショットです。写真集の撮影でバルセロナに行った時の田中みな実:左右の目の大きさが違う整形であればいつでも同じ目の大きさのはずですが、その時の田中みな実さんは左右の目の大きさが少し違いました。

さらに田中みな実さんのインスタライブを見た視聴者からは「本当に整形してたら、こんなにゴシゴシ目を擦れないから整形していない!」という指摘も上がっていました。

動画を見ると確かに田中みな実さんはゴシゴシと目元を擦ってメイクを落としています。

アイプチやアイテープを長時間施していると落とした直後はまぶたに跡が残るので、この動画で田中みな実さんの二重幅がメイクを落とす前と変わっていないのも不思議ではありません。

スポンサーリンク


まとめ

年々綺麗になっている田中みな実さんの整形疑惑について調べてみました。

目の整形をしていると噂されていますが、田中みな実さんは整形を「一切していない。」と否定しています。

確かに昔の写真と画像で比較してみると二重幅が広くなっていましたが、アイプチやアイテープを使用しているものと思われます。

その証拠に、現在でも笑ったりすると左右の目の大きさが違ったり、二重のラインが何重にもなっていたりしていました。