履正社のバッティングがすごい!なぜ奥川(星稜)から二桁安打とれた?

履正社のバッティングがすごい!なぜ奥川(星稜)から二桁安打とれた? スポーツ

第101回全国高校野球選手権大会決勝戦が2019年8月22日行われました。

履正社と星稜が激闘を繰り広げましたが、結果は5対3で履正社が見事に初優勝しました!

それにしても履正社のバッティング力はSNSでも話題になるくらい本当にすごかったですね!

なぜあんなに履正社のバッティングがすごいのか、星稜の奥川くんから二桁安打を打ちとったバッティング力に迫ってみたいと思います!

スポンサーリンク

履正社のバッティングがすごい!なぜ奥川(星稜)から二桁安打とれた?

履正社のバッティングがすごい!なぜ奥川(星稜)から二桁安打とれた?

履正社のバッティングが「めちゃくちゃすごい!」「なぜあんなに打てるの?」と話題になっています!

7回裏で履正社は星稜に同点まで追いつかれたのですが、8回表ですぐに2点を取り返しその後は星稜には1点も許さず最後はレフトフライからのダブルプレーで見事初優勝を決めました!

履正社のバッティングはなぜすごい?

履正社のバッティングはなぜすごい?

履正社のバッターはなぜあんなに打てるのでしょうか!

 

この投稿をInstagramで見る

 

. . . ⚾️🏟🌈 2019. 8.22 ⚾️🏟🌈. . ⚾️ Final game match 🅿️lay back ⚾️. . ⚾️ 3回表 🏟 エース🔥 🆚 4 番🔥⚾️ . . 『熱盛』. . ⚾️ 石川 #星稜 エース🔥『#奥川恭伸 』 🆚 . ⚾️ 大阪 #履正社 4️⃣番 『 #井上広大 』. . ★ 防御率0.00の奥川君から‼️ ★ 甘く入ったスライダーを一発で ‼️. ★ バックスクリーンに HR ‼️. ★ 鳥肌でした ★. . ⚾️ 5回表 🏟 の2人の対戦は ‼️‼️. ⚾️ 奥川君の1️⃣5️⃣3️⃣キロ ストレートで‼️. 🔥 三振 🔥 super ball 🔥 ⚾️ 素晴らしい…2人の対決でした 😁🔥👍 . . 🔥🔥🔥⚾️ 🏆決勝戦 🏆⚾️🔥🔥🔥. ⚾️ 第101回全国高等学校野球選手権大会 ⚾️. . 1️⃣番 長い夏の 2️⃣校の 熱闘 🏟. . 🌏 ★ 令和 の 夏 ★ 熱闘甲子園 ★ ⚾️. . ★ 素晴らしい 夏の思い出 ★. . . ⚾️ National high school baseball ⚾️ . 🏟 championship 🏟. . ⚾️ National High School Baseball ⚾️. 🏟 Tournament 2019 🏟 . ☆ Holy Land Koshien of high school 🏟 . ☆ 49 schools representing 3730 schools nationwide ☆. . ☆ High school baseball is really great ☆ . . ⚾️ The hot summer battle of high school baseball begins again this year 😁📣🏟. . 🇯🇵 Japanese summer traditions 🌻. . . . #高校野球 #野球 #第101回全国高校野球選手権大会 #令和最初 #決勝 #新たに刻むぼくらの軌跡 #甲子園 #高校球児 #熱闘甲子園 #最高かよ #夏空 #夏の風物詩 #夏の思い出 #高校野球好きな人と繋がりたい #プロ野球 #巨人 #美容師 #美容師の休日 #令和元年 #baseball⚾️ #summerseason #homerun #highschool #koshien #tokyolife #japan🇯🇵

Ⓜ️aSa Hair stylist 🌍さん(@masa.0102.goro.s)がシェアした投稿 –

昨年2018年12月のインタビューで、岡田監督はチームのバッティングについてこのように話していました。

「現チームはバッティングの対応力が低いですね。練習を見ていても好きなように打っている感があるんです。近畿大会の準決勝で大差で負けた原因がまさにそれです。まずチームとしてどうバッテリーを攻めるのか。その場面、場面でこういうことが起きるという想定をした打撃ができなかったんです。個々の能力が高ければそこまでは思わないですけれど、今のチームは前のチームの経験者がいるのに、野球を知らない子が多い。私はだいたい下級生をまぜてほぼ毎年チームを作って来ましたが、今までは経験者がちゃんと軸になって勝ち上がってきたけれど、今年は経験者がそこまで機能できていなかったんです。ですので、今はバッティングの対応力を上げることが第一です」

およそ8ヶ月前まではバッティングが課題だったとは驚きです!

履正社のバッティングがすごい!

バッティングが課題だと監督が話していた岡田監督はどうやって、履正社をあんなに打てるチームに育てたのでしょうか!

バッティング力を高めるため履正社の岡田監督は、金属バットを使わず普段から木製バットでバッティング練習をするように指導しました。

その理由をこう語っています。

「ただし、1年生は基本的に木で打つようになるのは秋の新チームになってから。ウチでは金属を使うのは入学して最初の数カ月だけです。上を目指す子が多い中、プロ、大学、社会人すべて木のバットで打つことになりますから。お金はかかりますが、将来的なことを考えれば早くから木に慣れておく方がいいかなと。

岡田監督の方針で「芯でとらえないと飛ばない」という意識を高めるために木製バットを使用しているようです。

また、履正社の強力打線を支えたのは全員で取り組んだウェイトトレーニングの効果も大きいようです!

履正社はなぜ奥川(星稜)から二桁安打とれた?

履正社のバッターがなぜ星稜の奥川から二桁安打をとれたのか調べてみたところ、2019年3月の星稜との対戦が大きかったことがわかりました!

「今年のセンバツで対戦した時に、奥川(恭伸)くんのことを『高校生のレベルを超えている』と言いました。6月にも練習試合をした時に、奥川くん本人にも、誉め殺しをするつもりで言ったんでもなくて、本当にそう思ったんやで、と伝えました。今のチームにとっては、奥川くんを打てずに負けたこと、センバツで校歌を歌えずに帰った悔しさが財産になっています」

岡田監督は試合後のインタビューでチームのバッティングについてこう語りました。

「奥川くんにチームを大きくしてもらったと思います。3月に負けてからなんとか奥川くんレベルのピッチャーを打てるように練習してきた成果が今日本当に出してくれたな、と本当に嬉しいです。」

履正社は2019年3月、春のセンバツ初戦で星稜と対戦した際は3対0で完敗。

このセンバツでの敗戦があったからこそチーム全体の意識が上がり『好投手の基準』が奥川投手になり、履正社は自慢のバッティング力にさらに磨きをかけるべく練習を重ね、第101回全国高校野球選手権大会で見事に初優勝を果たしました。

星稜の奥川投手から2桁安打をマークした

まさに奥川投手が履正社の強力打線を育てたきっかけだったのでした。

スポンサーリンク

SNSの反応

SNSの反応

SNSの反応をまとめてみました!

両校とも見事な戦いお疲れ様でした!

スポンサーリンク

履正社のバッティングがすごい!なぜ奥川(星稜)から二桁安打まとめ!

履正社が星稜に5対3で勝利し、今年も高校球児たちの熱い夏が終わりました。

大会を通じて履正社の強力なバッティングに注目が集まりました。

履正社の自慢のバッティング力をさらに高めるきっかけになったのが、他でもない星稜の奥川投手でした!

どちら勝ってもおかしくない試合でした。

初のセンバツの悔しさをバネに大きな勝利を勝ち取った履正社のみなさん、本当におめでとうございます!

コメント