岐洲匠の彼女は大久保桜子!キュウレンジャーの熱愛はルール違反!

岐洲匠の彼女は大久保桜子!キュウレンジャーの熱愛はルール違反! 熱愛彼氏・彼女

岐洲匠の彼女は大久保桜子で禁断の熱愛タブーを犯していた!

イケメン俳優の岐洲匠(きずたくみ)さんですが、なんと過去に彼女との熱愛で大変なことになっていました。

その相手が大久保桜子さん。

キュウレンジャーでの共演がきっかけで熱愛に発展した2人ですが、決して許されない恋だったのです。

熱愛の流れを詳しく説明しています。

現在は岐洲匠さんと大久保桜子さんが仲良く再共演を果たしていた!?

スポンサーリンク

岐洲匠の彼女が大久保桜子と判明した経緯

まずはじめになぜ岐洲匠さんの彼女が大久保桜子さんなのか、熱愛が発覚した経緯を順を追って説明します。

岐洲匠さんと大久保桜子さんの出会いは宇宙戦隊キュウレンジャーでの共演がきっかけでした。

岐洲匠の彼女は大久保桜子

岐洲匠さんはキュウレンジャーの主役のレッド、そして大久保桜子さんはヒロイン役のグリーンに抜擢されていました。

キュウレンジャーは全員で9人いて、戦隊モノにしてはかなりの大人数ですがそれぞれの個性が強いのが特徴。

2人の簡単な紹介は後ほどするとして、さっそく大久保桜子が岐洲匠の彼女であると判明するまでを見てみましょう。

11月25日:東京ドームシティでキュウレンジャーのショーが行われる。
→終わると岐洲匠は大久保桜子の自宅マンションへ
→深夜にコンビニに向かう2人の姿が目撃される

11月26日:キュウレンジャーのショーが前日同様に行われる。
→大久保桜子のマンションから一緒に出てくる
→終わると大久保桜子が岐洲匠の自宅マンションへ

11月30日:週刊文春記者が大久保桜子の自宅へ向かう岐洲匠に熱愛について質問する。
→岐洲匠「してないです。マンションにも行ってない。」
→大久保桜子の自宅に行かず走りさる

大まかに上の内容が岐洲匠さんと大久保桜子さんの熱愛発覚時の2人の行動です。

岐洲匠さんは大胆にもヒーローショーが終わった足で彼女である大久保桜子さんの自宅にお泊まりしています。

岐洲匠と大久保桜子が熱愛

しかも、翌朝は2人で再びヒーローショーの仕事に向かったのですから驚き。

岐洲匠が彼女(大久保桜子)と熱愛お泊まり

おそらくお互いの家を行き来していたのでしょう。

その日のショーが終わると今度は時間差で岐洲匠さんの自宅に大久保桜子さんが入って行く様子が目撃されました。

ここで週刊文春の記者が大久保桜子さんの自宅付近を歩いている岐洲匠さんに話しかけ、熱愛について事実確認をしに直撃!

しかし、岐洲匠さんは熱愛を否定したどころか、マンションにすら行ってないと言って逃げ去ったのです。

その後、岐洲匠さんが所属する事務所(フォスター)は次のようにコメントしています。

何人かでマンションに行ったことはありますが、ひとりで行ったことはありません。朝帰りしたこともないと思います。交際していません。共演者のひとりとして仲良くさせてもらっています。

なんと事務所側は大久保桜子さんの自宅に行ったことを認めたのです。

写真を撮られているので「行っていない」という嘘は通用しないと判断したのでしょう。ただ交際は否定しています。

また、大久保桜子さんが当時所属していた事務所(エイベックス)は以下のように答えています。

1年間、仕事で同じ釜の飯食べてきた信頼できるお兄さん的な存在です。

あえて「釜の飯」という言葉を使うことで色気をなくして、戦友かのようなイメージを出していますね。

しかしキュウレンジャーの他のメンバーが出入りする姿が目撃されていなかったことから、やはり岐洲匠さんと大久保桜子さんの熱愛は事実であることがわかったのです。

スポンサーリンク

岐洲匠と大久保桜子のキュウレンジャー熱愛の事の重大さ

岐洲匠さんと大久保桜子さんの交際。実はかなり大きな問題として扱われました。

岐洲匠と大久保桜子の熱愛はタブーだった

若手俳優というだけではなく、ヒーローを演じるが故にやってはいけないことがあったからです。

仮面ライダーや特撮戦隊ものは日曜日の朝、子供たちが毎週楽しみにしている番組です。

自分もあんなふうになりたいと夢をもって見ている子がたくさんいますから、出演しているキャストは夢を壊さないようにプライベートから気を付けなければいけません。

例えば、次のようなことはご法度。

・コンビニで立ち読み
・交通規則に違反
・ラーメン屋に並んでいる

これらの一般人的な行為も見ている子供たちのイメージを壊す可能性があるので見られないようにしなければなりません。

もちろん、キュウレンジャー内の熱愛なんてストーリーにも影響しかねないスキャンダルはNG!

放送期間中の恋愛は絶対にしてはいけないことを最初に厳しく説明を受けているはずです。

戦隊ものの放送は1年間なので少なくとも出演者はそのイメージを壊すような事を避ける必要があるんですね。

これまでのヒーローも放送期間は熱愛だけでなく、プライベートでの移動でも正体がバレないように注意を払ってきたのです。

キュウレンジャーの主人公である岐洲匠さんが、メンバー内の大久保桜子さんを彼女にしたことは、その後の番組を見る目が変わってしまうタブー中のタブーでした。

もちろん放送局であるテレ朝は2人の熱愛に大激怒!

ストーリーを急遽変更するかどうか会議が開かれたらしく、岐洲匠さんと大久保桜子さんは芸能界から追放されるとまで言われたのです。

キュウレンジャーの放送は2017年2月12日~2018年2月4日までで、岐洲匠さんと大久保桜子さんの熱愛スキャンダルが発覚した11月末から2カ月ほど放送を残していました。

物語が最終回に向けて盛り上がっている大切な時に、キュウレンジャー自体のイメージを下げる軽率な行動。

俳優としても今後飛躍できるかというタイミングで彼女を作った岐洲匠さん。

デビュー作でいきなり熱愛がバレて大迷惑をかけていますから、現在仕事が来ていることが奇跡と言ってもいいです。

スポンサーリンク

岐洲匠の彼女、大久保桜子の現在

現在はすでに破局していますが岐洲匠さんの彼女だった大久保さくらさんが現在どうしているのか、簡単に紹介したいと思います。

岐洲匠の彼女、大久保桜子の現在は?

大久保桜子
生年月日:1998年7月20日
出身地:神奈川県
身長:152cm
職業:女優

大久保桜子さんはキュウレンジャーでカメレオングリーンに変身するハミィという役で出演していました。

9人のメンバーの中で最も年下だった大久保桜子さんは、もともとが人見知りな性格もあって初めは中々なじめなかったそうです。

しかし徐々に撮影で顔を合わせていくうちに打ち解けて、岐洲匠さんとも仲良くなりました。

小さい頃にテレビCMなどには出たことがあった大久保桜子さんでしたが、ドラマはキュウレンジャーが初めて。

そのデビュー作での熱愛で関係者を怒らせてしまい、その後は2019年7月に出した写真集『SAKURAKO』以外に目立った芸能活動はありません。

一方で熱愛相手だった岐洲匠さんはドラマ『チア☆ダン』や『FLY! BOYS,FLY!僕たち、CAはじめました』などの人気作品に出演。

今後のブレイクにも期待がかかっています。

しかし大久保桜子さんの状況は厳しいもので、当時の事務所エイベックスからビクターミュージックアーツに移ったものの、テレビドラマや映画の仕事はありません。

女優として仕事を得るチャンスを棒に振ってしまった感じがします。

岐洲匠さんとの熱愛がすべての原因とは言えませんが、少なからず影響はあるでしょうね。

岐洲匠の現在の彼女は誰?

一応ここで岐洲匠さんの現在の彼女は誰なのかを調査してみました。

岐洲匠さんは大久保桜子さんとの一件でこっぴどく怒られ、責任感や俳優としての自覚のなさを反省

デビュードラマということもあって、一般人からいきなり芸能人になり可愛い女性といい感じになるのは理解できます。

しかし仕事として俳優をやっている以上は関係ありません。

スポンサーから違約金を求められたらとんでも無い額の返済をしなければませんし、周りに多大な迷惑がかかることを自覚したようです。

2019年現在は岐洲匠さんに彼女や熱愛などの浮いた話はありません。

噂になるようなことも一切ありませんでした。

本気で俳優として売れようとしているみたいなので、過去の教訓をいかして頑張って欲しいと思います。

結論!

岐洲匠には現在は彼女がいない!

ちなみに、2019年9月24日に最近に岸洋佑さんの『牛丼」という曲のMVにも出演した岐洲匠さん。

なんと!

岐洲匠の現在の彼女は誰?

大久保桜子さんと再び共演を果たしているのです!

キュウレンジャーで熱愛が発覚し騒がれた2人ですが、このように共演できるのはいいですね。

大久保桜子さんも徐々に活動を広げて露出が高くなってきているので、まだまだこれからブレイクの可能性はあります!

スポンサーリンク

岐洲匠と彼女、大久保桜子の熱愛まとめ

大久保桜子さんは過去に間違いなく岐洲匠さんの彼女であったと言えるでしょう。

お互いにドラマが初めてだったとはいえ、キュウレンジャーの放送が全て終わるまで待てなかったのかな…と残念に思います。

時間が経過すれば許された恋だったかもしれないだけに、誰も幸せにならないこの騒動は悲しいですね。

それでも、仕事は仕事!

過去の経験から多くを学んだ岐洲匠さんは現在、ドラマへの出演が増えてきています。

イケメン若手俳優として注目されている今は、彼女よりも仕事を優先して頑張って欲しいですね。

コメント