井上尚弥の年収とファイトマネーは億超え?WBSS優勝賞金が別次元!

スポーツ

井上尚弥の年収やファイトマネーが億越えしていた!

WBBSの優勝賞金が10億円って本当!?

別次元の年収を誇る日本の誇り、プロボクサー井上尚弥さんのファイトマネーなどお金の話について見ていきましょう。

世界最強ランキング(PFP)2位はやっぱりすごかった!

スポンサーリンク

井上尚弥の年収はいくら?

ポロボクサー井上尚弥さんの年収が恐ろしいことになるというので調査していきましょう。

まず、井上尚弥さんの年収を知るにはプロボクサーの収入がどこから入るのかを知らなければなりません。

井上尚弥の年収
ファイトマネー
WBSSの賞金
・放映権利料
・スポンサー料
・テレビ出演料
・グッズ、著書、その他印税

これらが井上尚弥さんの年収として計算されることになります。

では井上尚弥さんの年収を算出するために順番に見ていきます。

井上尚弥のファイトマネー

井上尚弥さんのファイトマネーをざっくり見ていきます。

ファイトマネーとは試合の勝敗に関わらず、出場したら手に入れられるお金です。

入場料や放映権料、広告料などの利益から会場費などの諸経費を差し引いて残った金額をボクサーのファイトマネーとして割り当てています。

世界的な超有名ボクサーであれば1試合で1億円を超えるファイトマネーが入ってきます。

しかし、無名ボクサーなら最低6万円。

超実力主義・弱肉強食の世界がプロボクシングなんですね。

2017年の井上尚弥のファイトマネー

井上尚弥のファイトマネー

5月21日
リカルド・ロドリゲス戦(WBO防衛戦)
ファイトマネー2000万円

井上尚弥のファイトマネー

9月9日
アントニオ・ニエベス(WBO防衛戦)
ファイトマネー2000万円

井上尚弥のファイトマネー

12月30日
ヨアン・ボワイヨ(WBO防衛戦)
ファイトマネー2000万円

2017年はこの3試合でしたので、1年間の井上尚弥さんのファイトマネー総額は約6000円となります。

しかし、このファイトマネーが全て井上尚弥さんのものになるわけでなく、ファイトマネーの33%をジムに払わなければいけません

マネジメント料として払う決まりになっています。

つまり井上尚弥さんが2017年にファイトマネーから受け取った金額は約4000万円となります。

 

ちなみに2018年のジェイミー・マクドネル戦(タイトルマッチ)のファイトマネーが4000万円。

井上尚弥さんの取り分は2670万円でした。

スポンサーリンク

井上尚弥のWBSSの賞金

そして井上尚弥さんの年収を考える上でWBSSの賞金が1番大きいでしょう!

WBSSとは【World Boxing Super Series】の略称でボクシングの世界トーナメントです。

ボクシングの世界王者にはWBA、WBO、IBF、WBCの4種類があり、全王者とランキング上位者がぶつかり合い世界一を決めるトーナメントです。

世界での盛り上がりはものすごく賞金額がとんでも無いことになっています。

このWBSSの初戦、井上尚弥さんはファン・カルロス・パヤノと対戦。

井上尚弥のWBSSの償金額

全員が最強レベルのこのトーナメントで井上尚弥さんは相手を1R70秒でKOします。

償金額はなんと1億円!

1試合で1億円ですよ!?

そしてWBSS2戦目の2019年5月18日に井上尚弥さんはエマヌエル・ロドリゲスと対戦しました。

井上尚弥のWBSSの償金額

このエマヌエル・ロドリゲス、なんとそれまでの戦績18戦18勝12KO。

さすがに井上尚弥さんでも難しい試合になると思いましたが、蓋を開けてみると井上尚弥さんの圧勝。

そしてWBSS償金額1億円

またもや1試合で1億円稼いでいたのです。

井上尚弥さんがWBSSで稼いだ償金額は2018年、2019年と共に1億円でした。

しかし、実は井上尚弥さんは2019年11月7日にノニト・ドネアとの対戦を控えています。

これに勝てばさらに賞金額を増やすことができますね。

WBSS優勝償金額

現在WBSSのトーナメント決勝まで勝ち進み、優勝も見えてきた井上尚弥さん。

もしWBSSで優勝した場合、優勝償金額はいくらになるのか。

賞金総額50億円ともいわれるこのWBSSという大会。

井上尚弥さんはバンダム級の優勝賞金は4億円くらいになるそうです!

クルーザー級、スーパーミドル級の優勝賞金は10億円なのですが、これは階級の人気によって金額が異なるので仕方ありませんね。

しかし、もし井上尚弥さんが優勝したら賞金4億円を手にするわけで、これまでの償金額と合わせると6億円

とんでもない償金額ですね。

井上尚弥さんはWBSSで優勝したので優勝賞金4億円を手に入れたと思われます!

スポンサーリンク

井上尚弥の年収は2億円超え!?

これらを加味して井上尚弥さんの年収を計算すると約2億円となると予測できました。

井上尚弥の年収は2億円

ファイトマネーやWBSSの賞金で差が出るので2018年と2019年の年収をならして計算します。

まず、WBSSの賞金額が現時点で年間1億円。ファイトマネーが年間3000万円

この時点で井上尚弥さんの年収は1億3000万円です。

井上尚弥さんには次のスポンサーが付いています

・ひかりTV(メインスポンサー)
・細山田商事
・WORKPORT

ボクシングの村田諒太さんは1試合で1000万円のスポンサー料をもらっていたので井上尚弥さんも「ひかりTV」から1試合1000万円としましょう。

そして残り2社から500万円として計算すると、1試合あたりのスポンサー料が2000万円!

1年に3試合すると考えたら年間6000万円のスポンサー料が入ることになります。

さらに井上尚弥さんのグッズや著書の印税、テレビ出演料などを合わせると2億円は超える計算になります。

井上尚弥さんの年収は2億円!

しかし、これはWBSS決勝前の年収。

優勝したので2019年の年収は一気に6億円を超えることになります。

井上尚弥の年収とファイトマネーまとめ

井上尚弥さんの年収はファイトマネーだけではなく賞金やスポンサー料の割合も大きかったですね。

WBSSが入ってくるといきなり桁が変わります。

また、井上尚弥さんは世界でも非常に注目度の高い選手になってきましたから今後はファイトマネーも跳ね上がることでしょう。

あのメイウェザーのファイトマネーは100億円らしいですからね…しかもボーナスなどを合わせると、たったの1試合で300億円!

夢がありますね。

井上尚弥さんはWBSSで優勝し2020年のファイトマネーは億越えです!

コメント