女性芸能人

仲川遥香が児童養護施設にいた理由はなぜで両親は?壮絶な生い立ち!

仲川遥香が児童養護施設にいた理由はなぜで両親は?壮絶な生い立ち!

元AKB48・JKT48の仲川遥香さんが、壮絶な生い立ちを告白したことは衝撃的でした。

仲川遥香さんの両親や児童養護施設にいた理由はなぜなのか詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


仲川遥香が児童養護施設にいた理由はなぜで両親は?壮絶な生い立ち!

仲川遥香が児童養護施設にいた理由はなぜで両親は?壮絶な生い立ち!幼少期に児童養護施設にいたこともあるという仲川遥香さん。

児童養護施設にいたということは仲川遥香さんに両親はいないでしょうか。

両親や児童養護施設にいた過去

両親や児童養護施設にいた仲川遥香の過去調べてみたところ、実は仲川遥香さんが3歳の時に離婚しており、その頃から両親と暮らしたことがないのだそうです。

母親が出て行ってしまったので、仲川遥香さんは母親の顔すらも覚えていないのだとか。

仲川遥香さんは姉が1人、妹が1人、弟が1人の4人兄弟でした。

両親の離婚後は父親に引き取られましたが、いきなり4人の子供たちの育児を任された父親はすぐに育児を断念してしまいます。

そして幼い子供たちは祖母に育てられることになりましたが、所得が一般家庭の4分の1以下しかなかったため主食はナメタケのみという極貧生活を余儀なくされました。仲川遥香と祖母祖母が体調を崩して入院した時には、身寄りがないため児童養護施設で過ごすことも多々あったのだとか。

ただ、幼少期をずっと児童養護施設で過ごしたというわけではないようです。

仲川遥香さんがお世話になった児童養護施設は優しいスタッフばかりで友達もたくさんできたので施設で過ごすのは逆に楽しかったと仲川遥香さんは語っています。

生い立ちを明かしたきっかけは実姉

仲川遥香が生い立ちを明かしたきっかけは実姉AKB48グループを卒業した現在もジャカルタでタレントとして芸能活動を続けている仲川遥香さん。

取材などではずっと嘘の家族構成を話しており、それがバレないように家族との接触を避けるようになり疎遠になっていたのだそうです。

しかしあることがきっかけでその気持ちが激変し、それまでの行動を深く後悔する悲劇が起こったのだそうです。

その悲劇というのは仲川遥香さんの実の姉に関することでした。

実はお姉さんの仲川彩香さんは2019年5月に28歳の若さで亡くなっており、仲川遥香さんはジャカルタにいたので最期に立ち会うことができなかったそうです。

子宮がんの合併症による心不全でした。

仲川遥香さんはそれまで家族と距離をとっていたことに深く後悔したそうですが、お姉さんが亡くなったことをきっかけに「もっと家族を大切にしたい」と考えるようになったのだそうです。

スポンサーリンク


まとめ

ジャカルタで一躍有名になった仲川遥香さんの生い立ちについて調べました。

3歳の頃から祖母に育てられ、両親に甘えたい気持ちをぐっと我慢してきた寂しい幼少期を過ごしました。

祖母が入院した際には児童養護施設で過ごすこともあったそうです。

これからも仲川遥香さんを応援しています。