メイク初心者でもできる化粧方法や手順を解説!簡単メイク!

化粧

こんにちは^^

 

いきなりですが、
『メイクって何をしたらいいの?』
『メイクは難しい!』
と思っている人はいませんか?

 

そう思っているそこのあなた!
今回はそんなあなたのために、
メイク初心者でもできる
化粧方法を順番に紹介します!
ぜひ参考にしてみてください♪

メイク初心者でもできる化粧方法や手順!

メイク初心者でもできる
化粧の手順がこちら!

①スキンケア
②ベースメイク
③アイメイク・アイブロウ
④チーク
⑤ハイライト・シェーディング

基本的に①〜②の順番は
入れ替わることはありませんが、
③〜⑤はこの順番通りでなくても、
特に問題はありません!
ぜひ化粧をする中で、
自分のやりやすい順番を
見つけてください!

 

それでは、それぞれの手順について、
方法を詳しく紹介していきます!

①スキンケア

化粧をする前にはしっかりと
スキンケアをしましょう!
スキンケアを丁寧にすることで、
化粧のノリや持ちも良くなりますよ♪

 

洗顔の後、まずはお肌に水分補給を!
化粧水はバシバシ叩き込むのではなく、
手のひらでしっかりと温め、
優しく抑えて入れ込むように!
乾燥が気になるときは、
それを2〜3回繰り返します。

そのあとは乳液・美容液を適量とり、
たっぷり水分を含ませた肌に
フタをするイメージで!

②ベースメイク

スキンケアの後は、
日焼け止め、化粧下地を順に
顔全体に均一に伸ばします。
日焼け止めは1年を通じて
毎日使うのが理想的です!

 

次にファンデーションです。
リキッドファンデーションや
パウダーファンデーションなど、
様々なタイプがあります!

 

肌の状態やなりたい肌の仕上がりで
どれを使うか選ぶと良いですが、
薄く均一に乗せることができるので、
メイク初心者の方には、
パウダーファンデーションがオススメ!

 

【ファンデーションの塗り方】
パフで頬や額といった顔の中心部から
外側に向かってのせていきます。
目周り、あごなどの細かい部分や
顔の外側はパフに残った
ファンデーションを薄く伸ばします。

 

パウダーファンデーションを
大きめのブラシで肌に乗せるのも◎
パフよりも密着感が高まりますし、
厚塗りにならないので、
綺麗に早く仕上がります!

初心者でも簡単ベースメイク!綺麗に仕上げるための方法は!?
初心者でも簡単にベースメイクができる!初心者がベースメイクを綺麗に仕上げるための方法を解説!ベースメイクのポイントは何?

③アイメイク・アイブロウ

ベースメイクが完成したら、
いよいよポイントメイクです!
まずはビューラーでまつげを
上向きに上げていきますが、
この時、鏡を上から覗き込むように
してあげるとやりやすいですよ!

くれぐれもまぶたをビューラーで
挟まないように注意してください。

アイシャドウは見たまま塗ると
簡単にグラデーションが作れる
アイテムもたくさん出ていますし、
単色でグラデーションを作っても
かわいいのでおすすめです!

 

アイラインはまつげの間の
隙間を埋めるように描いていきます。
粘膜にラインを引く人もいますが、
まつげの間を埋めるだけでも、
十分に目元が強調されますよ!

 

マスカラは根元が一番太く、
毛先が細くなるようなイメージで。
根元から毛先までジグザグにではなく、
根元にブラシを入れたら毛先に
向かってゆっくり、スッと塗る!
そうするとダマになりにくく、
綺麗にセパレートされたまつげに!

 

アイメイクが終わったら、
次はアイブロウ、眉毛です!
実は、眉毛は化粧をするときの
『最重要ポイント!』
といってもいいくらい大事!

 

眉の形一つで顔全体の印象が
ガラッと変化します。
つまり、眉毛をしっかり整えていれば
相手に好印象を与えることもできます。

眉毛は事前にある程度整えておくと
毎日のお化粧が楽になります♪

アイブロウペンシルで、
眉の薄いところや眉の形を描いたら、
アイブロウパウダーで
描いた線をふんわりとぼかします!

そして仕上げに
アイブロウマスカラで、
眉の色を補正します。

眉を描くときは左右のバランスを
見ながらあくまでも足りないところを
書き足してあげるようにすると
より自然に仕上がります。

初心者でも簡単アイメイク!綺麗に仕上げる方法は?ポイントを解説!
初心者でも簡単にアイメイクができちゃう!?アイメイクを綺麗に仕上げる方法は?メイク方法をポイントごとに解説します!

④チーク

チークの入れ方や色で
顔の印象がシャープになったり、
フェミニンになったり。
一番オーソドックスで簡単なのは
ニコッと笑ったときに一番高くなる
頬骨のあたりにチークを
のせてぼかす方法!

 

チークのカラーで印象も変わります。
ピンク系だとフェミニンに、
オレンジ系だと健康的に、
ベージュ系だと大人っぽい仕上がりに♪
自分の好きなカラーで試してみてください!

⑤ハイライト・シェーディング

ハイライトやシェーディングで、
顔に陰影をつけることで、
立体感を演出することができます。

 

ハイライトやシェーディングは
ほとんどしていない人もいます。
お化粧に慣れてきて余裕がある人、
コンプレックスをさらにカバーしたい
という方におすすめですので
今回は簡単に紹介していきます。

 

慣れるまで難しいかもしれませんが、
しっかりポイントを押さえて、
何度も練習あるのみです!

 

ハイライトを入れる場所は
Tゾーン、鼻筋、顎先、
上唇の山になっている部分、
目の外側から下まぶた(Cゾーン)、
目の下の三角ゾーン…
高く見せたい、透明感が欲しい
というところに適量入れましょう。

 

シェーディングは影をつけたいところ、
目立たせたくない場所に!
生え際、エラ、フェイスライン…
顔の形によって入れ方等も変わってきます。

 

なりたい顔をイメージして、
ハイライトやシェーディングを入れる
練習をしてみると良いかも!

メイク初心者でもできる化粧方法や手順!簡単メイクまとめ!

今回はメイク初心者の方でもできる
お化粧の方法・手順についてでした。

 

少しでも、
『何をしたらいいのか分からない』
『メイクは難しい』
と思っている人の、
お役に立てたら嬉しいです!

 

慣れてしまえば超短時間で
スキンケアからメイクが完了します。
実は簡単にメイクはできてしまうんだ
ということをお忘れなく!
ちなみに私は毎朝スキンケア開始から
メイクが完了するまで約20分

 

ぜひ今回の化粧方法や手順を
参考にしてみてください♪

 

コメント